banner

HOME > 損害保険の種類 > レジャーに関する保険

レジャーに関する保険

 実はレジャーに関する保険も、傷害保険の一種です。ただ、通常の傷害保険が一年契約であるのに対して、レジャーに関する保険は任意の期間のみの契約になることが多くなっています。
 もう少し詳しく、レジャーに関する保険を見ていきましょう。旅行やゴルフ、釣り、登山など、レジャーに備えた保険というのは少なくありません。
 一般的なのはゴルファー保険でしょうか。通称ホールインワン保険とも呼ばれているものです。このゴルファー保険は、自分自身がケガをしたり死亡したときに備えた傷害保険と、人にケガをさせてしまったり、人のものを壊してしまったりと賠償責任が発生したときに備えた賠償責任保険、そしてホールインワンを出したときの祝賀会やご祝儀の支払いという、大きな出費に備えた保険になります。このゴルファー保険は、1日だけのものや数日など短期のものが多く、ゴルフ場でプレー当日に加入することもあります。
 海外旅行保険です。海外旅行に行く際に、ケガや事故が不安になるのは誰にでもあることですよね。海外旅行保険の保険期間は、通常、海外旅行に行くために家を出たときから、旅行に行き家に帰るまでの期間が、その保険期間になっています。極端な話、海外旅行に出かける前に、玄関先で転んで骨を折ったとしたら、その場合ももちろん保険金は支払われます。
 つり保険と山岳保険の場合は、遭難捜索費用がセットになっているのが特徴です。つり保険の場合は、もしもの事故のほかに、損害賠償保険もセットになったものです。
 登山時の事故では、高額の捜索費用、救助費用がかかってしまうことがあります。山岳保険は、損害保険会社が販売しているものもありますが、その多くは共済です。

Copyright(c) 2012 損害保険の基礎知識 All Rights Reserved.