banner

HOME > 損害保険の種類 > 海上保険

海上保険

 海上保険とは、主に船舶や積荷など、海の上で発生する損害に対する保険です。海の上では台風や衝突事故、沈没や座礁など、陸上とは異なるリスクが存在します。こうしたリスクに備えるための保険が、本来の海上保険です。もともと海上保険は、積荷を運ぶリスクに備えることを目的にした保険ですから、特に海の上での補償とは限らない運送保険と貨物保険も、海上保険の一種として分類されることもあります。ただ、ひとつの保険で、船の損傷や遭難などのリスク、積荷の損害に対するリスクは一緒に補償するわけではなく、保険の目的が船舶そのものであれば船舶保険、積荷が保険の目的であれば貨物海上保険として分類されます。
 私達に馴染み深い自動車保険との違いは、船や事故による相手への補償だけではなく、積荷に対しても重要な保険対象であるということ、それから保険期間が異なるということです。海上保険は、基本的に荷物を運んでいる間に有効な保険ですから、ある場所から、ある場所まで、という指定になっています。
 この海上保険は、世界で最初の保険システムといわれていて、これは大量の積荷を運ぶ手段でありながら危険でもあった海上という場所が、多くのリスクをもたらしていた事を裏付けるものでもあります。

Copyright(c) 2012 損害保険の基礎知識 All Rights Reserved.