banner

HOME > 損害保険を販売するには

損害保険を販売するには

 ほとんどの場合、このサイトをお読みの方は損害保険を購入する消費者側でしょう。では、損害保険を販売すると言うのは誰でもできることなのでしょうか。
 損害保険契約を行うには、損害保険代理店として内閣総理大臣の登録を受ける必要があります。損害保険代理店としてお店を出している人もいますが、大手業者の生命保険のセールスはこの損害保険代理店の資格を取って、生命保険と損害保険の両方を販売していることもあります。そうした事情もあってか、ほとんどの損害保険代理店は、一社の損害保険のみを扱っていることが多くなります。ただ、最近はコンサルティング業務を重視した、多くの保険会社の商品を比較してくれるような会社が登場しています。多くの保険を比較したいけれど、自力で比較するのは難しいという場合には、こうした保険代理店の利用も便利です。
 また、保険代理店ではなく、保険仲立人として、保険契約を仲介し、販売することもできます。日本ではあまり馴染みがありませんが、いわゆる保険ブローカーと呼ばれる職種の人です。ただ、こちらは保険契約を販売するというよりは、保険業者と契約者の間に入り、双方の契約を文字通り仲立ちするというものです。ちなみにこちらは、生命保険を販売するセールスの人が兼業することはできませんし、保険代理店が保険仲立人になることもできません。この仕事は保険会社との交渉も必要になりますので、保険代理店として販売するよりも多くの知識や情報、交渉力も必要になります。最近は保険代理店の閉店も増えていますので、今後この保険仲立人は増えていくかもしれません。

Copyright(c) 2012 損害保険の基礎知識 All Rights Reserved.